今回もcontributionが途切れそうなので日記を書く。 どうでもいい内容なので、公開もずらして2日ぶんのcontributionにする予定である。 別にこの間途切れちゃったんだし無理して続ける必要もない気もするが、続けることはいいことだと思うのでこうして中身のない文章を書いている。

このたびついにこのサイトの初めての広告収入が支払われた。 おそらく決済手数料は設定されていないため、だいたい数日で処理が行われ、ビットコインが自分のものとして記録されるだろう。 その額、日本円にして微妙にうまい棒が買えない程度のものである。 1ヶ月かけてこれくらいなので、スコアとしてモチベーションになりつつこれで生活しようなどとは絶対に考えない、ほどほどの稼ぎだと思う。

最近はcontributionといえばこのサイトの更新のことになっている。 やりたいことはたくさんあるのだが、いかんせん時間が確保できない。 早起きできるほど体調も良くないし、そもそも受験を控えた学生なんだから早起きしたら勉強するべきだ。 さらにそれを言うならこんなブログを書いている暇などないはずなのだ、なんだこの緊張感のなさは。 と、こうして自分に緊張感がないと自覚すると焦り出すのだが、それで勉強を始めるほど元気でもないので結局何もしない。 何もしないならその時間で何かプログラミング的なことをしようと考えるが、そこで自分の緊張感のなさに気づく。 焦りだす。 以下無限ループである。 自分の優柔不断さが生み出すランタイムエラーである。

手紙をロウで綴じるアレをやってみたくなった。 以前何かの動画で見て、あの赤いやつ元はロウだったのか!と衝撃を受けたのを今になって思い出した。 調べたところあれは封蝋と言うらしい。 道具も基本的なものを揃えて5千円ほどだし、そのうちやってみたい。 問題としては、封蝋をする手紙を送る相手がいないことだろうか。 まあでも、手紙を手渡ししていた時代と違って輸送中に蝋が壊れてしまうことがあるとあったし、人に送るのはやめた方がいいかもしれない。 自分が手渡しすればいいのだが、そんなに親密な関係の人はいないし、いたとしても書く内容に困りそうだし、送られた側もやたら気合の入った封に困惑するだろう。 ここまで書いて別に封蝋をするのは手紙に限らないと気づいた。 贈り物などをラッピングして、ロウで留めればなかなかオシャレだろう。 しかしこれも送る相手の問題がある。 そんな明らかに手間のかかったプレゼントを純粋な気持ちでただ受け取ってくれる人を自分は知らない。 想像すらできない。 別に自分は手紙やプレゼントを贈りたいわけではなく封蝋をしたいだけなので、プチプチをわざわざ買ってきて潰すように、何を留めるでもない無意味な封蝋を作り続けるのでもいいかもしれない。 なんだか悲しくなってきた。 これだけ書けば十分だろう。 くらい文章を書くのは眠い時か体調の悪い時だ。 もう寝よう。