前回 : 次回


今回は普通に使ってみようと思う。

ファイルの追加

ファイルの追加はipfs addでできる。

$ echo "hello world" > test
$ ipfs add test
added QmT78zSuBmuS4z925WZfrqQ1qHaJ56DQaTfyMUF7F8ff5o test

アドレスはファイルの中身のハッシュ値できまるので、初心者の”hello world”ファイルでネットワークが埋め尽くされることはない。 testというファイル名は保持されないので注意である。

閲覧

ファイルの中身はipfs catで見ることができる。

$ ipfs cat QmT78zSuBmuS4z925WZfrqQ1qHaJ56DQaTfyMUF7F8ff5o
hello world

現在デーモンを起動中なので、ローカルゲートウェイを使ってアクセスすることもできる。 また、デーモンが起動しているということはネットワークに接続しているということなので、他人のパブリックゲートウェイからもアクセスできる。

$ curl http://127.0.0.1:8080/ipfs/QmT78zSuBmuS4z925WZfrqQ1qHaJ56DQaTfyMUF7F8ff5o
hello world
$ curl https://ipfs.io/ipfs/QmT78zSuBmuS4z925WZfrqQ1qHaJ56DQaTfyMUF7F8ff5o
hello world

所持ノードの確認

ipfs dht findprovsで、リソースを提供できるピアのIDを探すことができる。 ピアとかノードとかファイルとかリソースとか、用語が安定しない。

$ ipfs dht findprovs QmT78zSuBmuS4z925WZfrqQ1qHaJ56DQaTfyMUF7F8ff5o
QmcEYwrw73GpQrxDBN9Zn4y2K9S6f1epQNGrttXa3ZRPeg
QmVGkGSV25o3AMjcjjnPVb1PqJzrA1PvvhMiV57cMEuExb
QmUCHxxmZM5ozFCUw2zgRbf7HgbK5rq4byMQp89YgFSxhT
QmPDcnTLF5HftAhteRGVhAHnxwNfLzm541W7LL1rpaChy7
QmNqnFQNN522wpzvwXresRcEBGqbvMKHqH9yjVPeHLdmdK
QmQ9N2TJCjdX69Z6eRyxkjichXsxHk6zTubHumpSkxPBwR
QmQHTTRKtr43AbXuobZmgjSjmRd3vjfSbtPqqLjADHgY5T
QmS7tYQoexjzg5tgf9XkUCRG2eJKZdL5U1dGvNotfc1Qnt
QmUs6n9d9rUzkC84WsBW5eMhdpYA7yqngFNbFYeoqhAJiM
QmbdtmB77Nb1PgJfWYk9SCjkxcMogLHg9oS6xS37a5K1mY
QmcmyeFyP7RDd3bSWMke57H4YfAdusLBfuhsorfb5jPJfn
Qmeu1A2jc894rD3NQtdaCMEzMPpaQqGJJe2DrnbZZ2NzcZ
QmSoLSafTMBsPKadTEgaXctDQVcqN88CNLHXMkTNwMKPnu
QmbccS58t56NLpP7Xovhfnoyw24iQyjGYFKbc4FpFwLRba
QmSMSC9SmN1wmfPsiCHxm5uuprL1ciRxkpaUqXRDkGCSDU
QmZNzyQ5JJUWGVoM2ZRsLbLKhuBuyHxgfBqTMEBwjfeDqg
QmbHT8qkMAapFUdcXHgMximfGF5P1ZNhJ3Rf6nh5wY7wzm
Qmea9dCZu6iB1yKb6pDYvBDyKuix1gRNpzUK1W3X2cqufK
QmWQbadozRKdhtiLjfKSiaVKth2bssMGYWDw7L8XQLtY9d
QmSoLnSGccFuZQJzRadHn95W2CrSFmZuTdDWP8HXaHca9z

通常は自分と先ほどのパブリックゲートウェイの2件しか出てこないのだが、hello worldという一般的なデータのため複数の人が持っていた。 もっとたくさんいるだろうが、デフォルトでは20件見つけたところで止まるようになっている。 たくさん提供者がいるので、このデータはたとえ自分がネットワークから去ったとしても以下のリンクからいつでもアクセスできる。

https://ipfs.io/ipfs/QmT78zSuBmuS4z925WZfrqQ1qHaJ56DQaTfyMUF7F8ff5o

ファイル名込みで追加、そして永続性について

ipfs add --wrap-with-directory、もしくはipfs add -wで、ファイルをディレクトリオブジェクトでラップできる。

$ ipfs add -w test
added QmT78zSuBmuS4z925WZfrqQ1qHaJ56DQaTfyMUF7F8ff5o test
added QmVyB39dubpAXaD6FKrLR3MrisQvaga1EefJZ5E3TmTcVG

詳しいことはPOSTDに日本語の解説があるのでそちらを見て欲しいが、 IPFSのディレクトリは他のIPFSオブジェクトへの名前付きリンクからできている。 よってデータhello worldにはやはり名前情報はなく、ハッシュも先ほどと同じQmT78zSuBmuS4z925WZfrqQ1qHaJ56DQaTfyMUF7F8ff5oである。

ディレクトリはipfs catできない。

$ ipfs cat QmVyB39dubpAXaD6FKrLR3MrisQvaga1EefJZ5E3TmTcVG
Error: this dag node is a directory

ここでは”dag node”という名前が使われている。 なんだか混乱してくるので名前は気にしないことにする。

ディレクトリはipfs lsで見ることができる。 -vは1行目のHashSizeNameというガイドを表示させるオプションである。

$ ipfs ls QmVyB39dubpAXaD6FKrLR3MrisQvaga1EefJZ5E3TmTcVG -v
Hash                                           Size Name
QmT78zSuBmuS4z925WZfrqQ1qHaJ56DQaTfyMUF7F8ff5o 20   test

こちらも所有者がいないかさがしてみる。

$ ipfs dht findprovs QmVyB39dubpAXaD6FKrLR3MrisQvaga1EefJZ5E3TmTcVG
QmcEYwrw73GpQrxDBN9Zn4y2K9S6f1epQNGrttXa3ZRPeg

自分しかいない。 自分のコンピュータは常時作動しているわけではないし、パブリックゲートウェイもずっとデータをとっておいてはくれないので、基本的にアクセスできないだろう。

https://ipfs.io/ipfs/QmVyB39dubpAXaD6FKrLR3MrisQvaga1EefJZ5E3TmTcVG

しかし自分がネットワークにいる間は他のノードがアクセスできる。

$ google-chrome https://ipfs.io/ipfs/QmVyB39dubpAXaD6FKrLR3MrisQvaga1EefJZ5E3TmTcVG

スクショ

もう一度所有者を探す。

$ ipfs dht findprovs QmVyB39dubpAXaD6FKrLR3MrisQvaga1EefJZ5E3TmTcVG
QmcEYwrw73GpQrxDBN9Zn4y2K9S6f1epQNGrttXa3ZRPeg
QmZMxNdpMkewiVZLMRxaNxUeZpDUb34pWjZ1kZvsd16Zic

パブリックゲートウェイのIDが増えている(前回のChrome Extentionを入れているとローカルゲートウェイにリダイレクトされてしまい増えないので注意)。 ノード(今回はipfs.io)がリソースにアクセスすると、リソースはそのノードに一時的に保存され、そのノードも提供者になる。 他にリソースにアクセスしたい人が現れた時には、自分とそのノードで提供者が2人いることになる。 またその人も提供者になるので、同時期にアクセス数が増えても特定のサーバーの負荷は増えないし、むしろ減っていくというわけだ。 BitTorrentと同じである。

ただ、リソースはPinしない限りGCを動作させると消えてしまうので、しばらくの間誰からもアクセスされず、 なおかつPinしている人が誰もいない場合ネットワークからリソースは消失する。 アップロードしたらデータが永久にネットの海を漂い続け、自分のコンピュータの電源は切ってもいい……というわけではないので注意である。

自分は勘違いしていたのだが、「永続性」とはあくまで同じアドレスが同じリソースを指すということであり、ファイルが消えない「永遠性」とは違うのだ。

次回に続く。


前回 : 次回